春場所

学生のころ、大相撲の地方巡業のアルバイトをしたことがあり

遠目に、取組を見たことはありましたが

はじめてお客として、それも正面溜まり席で、春場所を観戦しました



穂村弘著「現実入門」で、著者が枡席で観戦するエピソードがあります

担当さんがごはんやお茶やお土産を用意してくれるので

緊張しまくりながら心づけを渡す場面に、三分の一くらい紙面を使っていました

溜まり席はたいへんシンプルで、飲食も撮影もしません(撮影してる人もいますが、ほんとはいけないそうです)

ただ、目の前の取組に集中するのみです

a0248968_22591340.jpg

あたりまえですけど、目の前の力士は大きくて、迫力です

テレビで見るより照明が効いていて、力士が浮き上がって見え、流血も鮮烈でした

絵の展示のライティングをきちんとしなければと、相撲を観ながら思いました



い、いえ、それだけじゃなくて

今まで気づかなかった表情や身のこなしに、贔屓の力士が何人かでき

相撲好きにいよいよ拍車がかかった、2014年の春場所です
by tababa-yama | 2014-03-17 22:55 | ぐるり