カテゴリ:俳句( 84 )

兼題は「案山子」「新松子」

笠は日に焼け色白の案山子かな(彩)


黒猫のお兄さんが、落花生を届けてくれた、その背中の向こうで

皆既月蝕が始まっていました
a0248968_20193841.jpg

by tababa-yama | 2014-10-10 20:18 | 俳句
兼題は「蜻蛉」「夜食」

冷蔵庫唸りてをりし夜食かな(彩)


猿払村と穂村弘、って、字面そっくり、です
a0248968_2341586.jpg

by tababa-yama | 2014-09-29 23:41 | 俳句
兼題は「風の盆」「秋遍路」

坂の先海の色なり秋遍路(彩)



まったく偶然に

大黒摩季「夏が来る」と、渡辺美里「夏が来た!」を続けて聴いて

歌詞のギャップに仰天しました


高松は去年より真夏日がずっと少ない気候で

夏がするりとすり抜けて、秋が来てしまったかんじ

夏、来たん・・・?

阿波踊りも花火大会も、テナガエビ採りも行けませんでした
a0248968_16572863.jpg

by tababa-yama | 2014-09-13 16:56 | 俳句
兼題は「盆の月」「梶鞠」

ついに秋の季題に突入しました

怖やー
(お盆が近くなると、郷里のことばがおのずと出ます)

人垣に梶鞠を蹴る音響く(彩)

a0248968_23383123.jpg
夜のCafe 963

台風一過の高松は、存外の涼しさでした

一合まいたが商店街にエンドレスに流れ

帰省や観光の人たちが、物珍しそうな風情でいっぱいいて

うきうきした気分が伝染し、友だちと二人、ご機嫌に歩きました

北欧雑貨を扱うおしゃれなお店を覗いた私たち

マリモッコリだ!

ほんまや、かわいい!

解放感ゆえにウッカリした発言もしましたが、いいんです

(言わずもがな、正しくは「マリメッコ」です)
by tababa-yama | 2014-08-12 23:36 | 俳句
兼題は「青柿」「避暑」

葉影から青柿の枝しなりだす(彩)


a0248968_22594776.jpg

うちのエアコンの設定は30℃です

外も戸内も、猛暑続き

張り子の制作には、ストーブを使うと乾燥がスムーズですが

地獄の釜のごとき部屋にあっては躊躇します



二代目バルタン星人の重力波攻撃をくらってるウルトラマンくらい

ダメージを受けています

(安田顕氏が演じていたのを見て、真似しています)
by tababa-yama | 2014-07-27 22:57 | 俳句
恐れ入谷の鬼子母神(朝顔市)

台風に恐々としている七夕です

うちのトイレには「日本伝統俳句協会」と「玉藻」の二つのカレンダーを掛けていて

人事、時候の季語が分かります


閑適句会の兼題は「青田」「金魚」

息をするついでに餌を食む金魚(彩)



a0248968_193217.jpg
切って、仰天した、Boulangerie retro のパン

紫水晶を発見したキモチ
by tababa-yama | 2014-07-07 19:30 | 俳句
兼題は「葭切」「夏帽子」

夏帽のつばは鏡に収まらず(彩)


a0248968_2163944.jpg

閑適の皆に教えてもらって

栗林公園にアオバズクを見にいきました
a0248968_2164126.jpg


こんな花を見たよ、鳥を見たよ、と閑適で話をすると

合いの手は「俳句できた?」です
by tababa-yama | 2014-06-26 21:01 | 俳句
兼題は「薄暑」「朴の花」

山城の崩れるごとく朴散華(彩)


a0248968_2249042.jpg

梅の実りの季節

わが家も、たくさんの梅を収穫して、梅酒や梅シロップをつくります


手づくり梅シロップをいただいて、昼休みに飲んだところ

顔が真っ赤になって、立てなくなった知人(勤務中)がいました

間違って梅酒だった、わけではありません

梅シロップには、ほんのちょっとだけアルコールを入れて作ることがあります

・わが家の梅シロップ
梅 1kg
氷砂糖 500g
穀物酢 150cc


以前はお酢の代わりに焼酎を入れていましたが、お酢だと発酵しないし、子どもも飲めます

仕込んで2週間は梅から出た水分を、瓶を傾けて全体に回します

梅がしわしわになったら実を取り出して、出来上がり
by tababa-yama | 2014-06-13 22:47 | 俳句
兼題は「葉桜」「根切り虫」

葉桜の影もみどりに雨あがる(彩)
a0248968_2052274.jpg

桐や藤の花を見ると、幾年月のゴールデンウィークのあれこれを思い出します

今年の思い出は、風邪かなあ
by tababa-yama | 2014-05-06 20:47 | 俳句
a0248968_14144866.jpg
兼題は「春愁」「風光る」

傾きて曲がる電車や風光る(彩)



ものすごーく、久しぶりに風邪をひきました

熱を出す前日、のどが痛いな、と思っていたのですが

ふだん喋らない人がちょっとたくさん喋ったせいかと思っていたくらい

「風邪」の概念がありませんでした

一日で治りましたが、GWをもったいなく消費してしまったぶんを

濃密な制作に充てたいと思います
by tababa-yama | 2014-04-27 14:10 | 俳句