カテゴリ:俳句( 84 )

兼題は「冬近し」「温め酒」


卵茹でつつ片方に温め酒(彩)

冬近し店ごと灯油値の違ふ(彩)



a0248968_12382064.jpg

IKUNASgさんで、布好き、モノづくり好きにたまらないイベントが開催中です

IKUNASg企画展「縫う?」
Cocca × & moon × Yukio Yamamoto
2013年10月25日(金)〜11月4日(月)

かわいいテキスタイルが並んでいて、モノづくりゴコロをチクチク刺激します

緑系のテキスタイルをちょっとずつ購入(30㎝からお願いできます)

何を作ろうか、眺めてるだけで楽しい布ばかりです!
a0248968_12382094.jpg

by tababa-yama | 2013-11-02 12:35 | 俳句
兼題は「菌(きのこ)」「身に入む」


茸山には縄を張っていたり、見張り小屋があったそうです

閑適の皆が、かつて、茸狩りを楽しんだのを

ほんとに羨ましく思います


「マッタケやハッタケやホンバチをショウワの山に採りに行ったんよ」

「イグチやジゴボはジャコよ」

句会では継ぎ目なく謎のことばが繰り出されましたが

いろんな食用茸を、何時何処で採れるか覚えておいでます

(ショウワ = さぬき市の地名、ジャコ = 雑魚 です)



寝転んで身に入む空の広さかな(彩)
a0248968_20475473.jpg

by tababa-yama | 2013-10-13 20:45 | 俳句
a0248968_1849921.jpg

お盆に立ち寄った、徳島の、大菩薩峠です


閑適句会、兼題は「終戦記念日」「秋の蝉」

深夜までテレビの中の終戦日(彩)

風の向くままに飛び去る秋の蝉(彩)


a0248968_18491046.jpg

美術家協会小品展、無事に終了しました

美術家協会の皆さま、見にきてくださった皆さま、ありがとうございました


個展はあと1週間、9月1日まで開催しています

9月1日は、丸亀町アートマルシェに出店します
by tababa-yama | 2013-08-25 18:44 | 俳句
兼題は「芭蕉葉」「流星」


芭蕉葉の枯山水に影こぼす(彩)

星流る大地の果てに思い馳せ(彩)


a0248968_2319618.jpg

先週末モラスコむぎで開催された、手づくりにこにこ市

太平洋をバックにライブあり、流しそうめんありで、夏満載でした



a0248968_2319639.jpg

個展、開催中です


阿波海南文化村 海陽町立博物館 第36回企画展
中川彩 絵画展

とき : 2013年7月27日(土)〜9月1日(日)
ところ : 海陽町立博物館
開館時間 : 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 : 月曜日
by tababa-yama | 2013-08-10 23:17 | 俳句
a0248968_224748100.jpg

半田素麺、てびちそば風



a0248968_22474983.jpg

紫苑8月号雑詠で、巻頭句をいただきました


玉虫の爪の先まで光なす(彩)


他4句ぜんぶ玉虫の句を作り、一生に一度はと思っていた巻頭に選んでいただき

あわあわして、でもとても嬉しいです


玉虫を久しぶりに見たとき

かつての職場の冷凍庫に凍らせっぱなしなのを思い出したのですが

その後、家族から、うちの冷凍庫にも空フィルムケースに入れた玉虫がいると知らされました

来月発行の9月号に、玉虫にまつわるそんなこんなの私の巻頭のことばが掲載されます
by tababa-yama | 2013-08-02 22:38 | 俳句
a0248968_21154224.jpg

半田素麺、冷やし中華風



兼題は「麨(はったい)」「ナイター」

実は、麨を食べたことがありません

皆の話しを聞くと、実にぜいたくなおやつのようです


以下、閑適版「麨」の説明


【麨】(三夏) おちらし・麦こがし・はったいこ

新麦をカワラ(焙烙のこと)で炒って、石臼で粉にしたもの。

麨に砂糖(ないときはサッカリンかズルチン)をまぜて、おやつに食べるのが子どもにとって楽しみだった。

粉状で食べるほか、湯で練ったものも、香りがたって美味。

会話例「おちらしはねようか」(麨粉を匙ですくって食べようか)。

「かつおぶし」は麨と水飴を練って固めた干菓子。
by tababa-yama | 2013-07-14 21:14 | 俳句
a0248968_2320622.jpg

桑の実をつまみ食い



a0248968_2320730.jpg

閑適句会、兼題は「牡丹」「豆飯」


一口を大事に噛んで豆御飯(彩)

豆御飯湯気も緑でありにけり(彩)



a0248968_2320919.jpg

久しぶりにタマムシを見つけました

前に見たのはもう何年も前、たしか、国道11号線の歩道で

今しがた死んでしまったばかりなのか、羽の色もきれいなままのタマムシを拾い

標本にするまでとりあえず、かつての職場の冷凍庫に入れたままなことを、たちどころに思い出しました

冷凍庫のことで動揺しているうちに

眼前のタマムシは、林へ飛び去りました
by tababa-yama | 2013-06-05 23:15 | 俳句
a0248968_18481431.jpg

新豆の類をたくさんいただいたので、閑適の皆におすそ分けしました

先んじて電話した際、開口一番お祝いいただいたのは

俳誌「紫苑」5月号の雑詠で、3席に掲載されていたことでした


鈴落す音に見つけしいぬふぐり(彩)


弛まぬ努力でがんばります
a0248968_18481343.jpg

by tababa-yama | 2013-05-05 18:45 | 俳句
a0248968_1345166.jpg

兼題は「風光る」「長閑」


風光る海を見つめし志士の像(彩)


a0248968_1345171.jpg

土佐のことば「たっすい」は、讃岐でいえば「なるい」でしょうか
by tababa-yama | 2013-05-03 12:36 | 俳句
a0248968_1824493.jpg

春の嵐のなか

サンポート・ホールで、高松虚子忌俳句会が開催されました


春の雨や、花散らしの雨を詠んだ句がたくさんありました



鎌倉へ路線図なぞる虚子忌かな(彩)



帰りの道すがら

句会でご一緒したばかりのN先生にばったりお会いしました

a0248968_1824519.jpg

N先生の御宅に図々しくもお邪魔して、いろんな句会ことや吟行のこと

句作のことをお話しさせていただきました
by tababa-yama | 2013-04-11 18:10 | 俳句