<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0248968_14144866.jpg
兼題は「春愁」「風光る」

傾きて曲がる電車や風光る(彩)



ものすごーく、久しぶりに風邪をひきました

熱を出す前日、のどが痛いな、と思っていたのですが

ふだん喋らない人がちょっとたくさん喋ったせいかと思っていたくらい

「風邪」の概念がありませんでした

一日で治りましたが、GWをもったいなく消費してしまったぶんを

濃密な制作に充てたいと思います
by tababa-yama | 2014-04-27 14:10 | 俳句
4月22日は「讃岐富士の日」

花園町のIKUNASgさんで、「富士山グッズ」フェアがはじまっています!
a0248968_21232837.jpg



朝ドラ「カーネーション」の再放送を楽しみにしています

毎日、心がひりひりして、号泣しているのですが

そんなときにIKUNASgさんから電話がかかってきて、変に明るくごまかしてしまいました
by tababa-yama | 2014-04-19 21:20 | ぐるり
a0248968_19115645.jpg
兼題は「菜種梅雨」「木蓮」

雨粒の描く軌跡や菜種梅雨(彩)



「春は空からそうして土からかすかに動く」

毎朝唱えているこのごろ


3月のおわり、嵐が過ぎ去ったあとに、蕨採りをしました

a0248968_19115738.jpg
採っても採っても、目を上げるたびに新たな蕨が出現したかというほど、たくさん生えていて

私が一本採るあいだに、母は三本採ってて

激しくジェラシーでした
by tababa-yama | 2014-04-14 19:09 | 俳句
a0248968_19304593.jpg
「白亜より」


シラタマモは、1億4千万年前の白亜紀に繁殖した藻類です

生物の多くが海から淡水へ、さらに陸上へ進化し、シラタマモはその移行途中の形質を示しています

a0248968_1930461.jpg
大池(おいけ)は、山から淡水が、海から海水が流入して、淡水と海水が2 : 1の割合となり

シラタマモの生育に適した条件となっています

日本では出羽島でのみ、見ることができます



a0248968_19304795.jpg
山の遊歩道から、大池と海をのぞめます



a0248968_1930488.jpg
シマサルナシの枝で、ターザンごっこの体で撮影されるYちゃん

搬出を手伝ってくれました

いつもありがとう!



a0248968_19305072.jpg
「ワビスケ」

島の木にはたくさん名札がつけられていて、勉強になりました

船着場でニホンタチバナの実を一生懸命見つめていたら、船長さんが木に登って採ってくれたり

(けっこう甘かったです)



a0248968_19305294.jpg
手づくりにこにこ市で、ちびっこがマキの木の葉っぱで文字を作ったり

釣った魚を「うってます」

島の植生を知ると同時に、思い出がたくさんできました
by tababa-yama | 2014-04-11 19:20 | 制作
a0248968_2042858.jpg
出羽島へは、連絡船の大生丸(おいけまる)で15分です

a0248968_2042976.jpg
「連絡船で」


a0248968_204293.jpg
州鼻(島の西側)で、ウメボシイソギンチャクを見つけました




a0248968_2043085.jpg
「オガタマの街」

オガタマノキは、もくれん科オガタマノキ属の常緑高木です

神社の境内によく植栽されていて、榊として古くから尊ばれています

招霊(おきたま)が転じてオガタマの名になったともいわれています
by tababa-yama | 2014-04-09 19:53 | 制作
a0248968_2244963.jpg
(出羽島は温暖なので、エンドウの花が12月には咲きます。御節にエンドウの実が彩りに使われます。)


出羽島・牟岐アート展 2014 が幕を閉じました

最終日の3月31日は悪天候のため大生丸が運行せず、残念でしたが

30日も予報では、雨が降るよ降るよーと言われながら

なんとか持ちこたえ、たくさんの方が出羽島を訪れました

アート展の展示場所である民家のミセ(漁家の家造りのひとつ「ミセ造り」をした御宅でした)を使って

J子ちゃんと手づくりのお店を出しました


a0248968_2245247.jpg

ウン十年前の布団カバーやワンピースの生地で、旗を作りました
by tababa-yama | 2014-04-05 02:09