<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

兼題は「蜻蛉」「夜食」

冷蔵庫唸りてをりし夜食かな(彩)


猿払村と穂村弘、って、字面そっくり、です
a0248968_2341586.jpg

by tababa-yama | 2014-09-29 23:41 | 俳句
その一

新聞の読者相談コーナーの並み居る回答者で

いちばん面白いのは誰だろう、という話になり

O君がプッシュする、朝日新聞土曜版beを担当するひとり、車谷長吉氏

その単行本『車谷長吉の人生相談 人生の救い』を読みました

たいへん怖かったです


その二

同紙に「備える歴史学」を連載している磯田道史氏は

牟岐町出身のお母さんが1946年の昭和南海津波で被災したことを、詳細に書いています

森繁久彌氏が鞆(海陽町)で津波に遭ったとは、このコラムで知りました

徳島の津波については、今日最終回です

a0248968_22102427.jpg
(瀬戸内生活工芸祭に行ってきました)
by tababa-yama | 2014-09-20 22:06 | ぐるり
兼題は「風の盆」「秋遍路」

坂の先海の色なり秋遍路(彩)



まったく偶然に

大黒摩季「夏が来る」と、渡辺美里「夏が来た!」を続けて聴いて

歌詞のギャップに仰天しました


高松は去年より真夏日がずっと少ない気候で

夏がするりとすり抜けて、秋が来てしまったかんじ

夏、来たん・・・?

阿波踊りも花火大会も、テナガエビ採りも行けませんでした
a0248968_16572863.jpg

by tababa-yama | 2014-09-13 16:56 | 俳句
襟足がまづ感じたる初秋かな(彩)


a0248968_20525619.jpg
清水屋のところてん

四阿になってるお店の中で、オニヤンマが往復飛翔していました


a0248968_20525745.jpg
閑適のH美さんに苗をいただいた、反魂草が咲きました

落語に出てきた、人間を溶かしてしまう草だと思いこんでいて

すくすく育つのを、わくわく見守っていたのですが

「反魂香(高尾)」と「蛇含草(そば清)」が一緒くたになっていたことに気づきました
by tababa-yama | 2014-09-01 20:46 | ぐるり